「復活の主日・復活の聖なる徹夜祭」(C年)説教
2016年3月27日・加藤 英雄師


 

  死んでも生きる。何を言うか。そんなことを言う人とは話にならない。
ルカによる福音書を読みました。婦人たちが墓に言った。天使たちの語る言葉を聞いた。あなた方は生きておられる方を死者の中に捜している。あの方は生きておられる。新しい命に復活なさっておられる。婦人たちは11人の使徒たちのところに行って天使の言葉を話した。使徒たちはそれを聞いても誰も信じない。ペトロは立ち上がって墓に行き、中をのぞいくと、亜麻布しかなかった。

新しい命がある、聞いても信じない。弟子たちはイエスと一緒に3年間生活していた。使徒たちも―特別な恵みをいただいていた弟子です―復活のいのちを信じることが出来なかったのです。

神様の大きな恵みを思い起こたいと思います。
神様は時間を造られた。空間、場を造られた。見えるもの、見えないもの、すべてを造られた。すべてのものが自分の場が与えられ、時間のうちに生き始める。すべてが始まったのです。神様は6日目に人を造られた。神様にかたどり、神様に似せて人を造られた。すべてのものを心に留め、世話をしなさい。すべてのものが生きるように。神様のお造りになったものはすべて良かった。

人は神様から離れた。悪い世界に入った。エジプトにいるイスラエルは奴隷として苦しんでいる。
エジプトから脱出する。脱失したイスラエルの前には海があった。エジプト軍が追いかけてくる。
主は言われる、海の中を歩きなさい。モーセが手を差し伸べると海が割れて、海の水が右と左に壁となった。道が出来た。
主によって水の中を歩く。新しい世界にに旅立つ。今までの生活と全く離れる。水に沈んで立ち上がる。神様への道を歩く。洗礼です、洗礼の道です。

神様は神のうちに生きる人たち、イスラエルを選び、示す地、イスラエルに導かれたのです。
しかし、イスラエルは神様を忘れた。神様は言われます。わたしはあなたたちの上に清い水を振りかける。清い水によってお前たちは清められる。わたしはお前たちに新しい心を与え、お前たちの中に新しい霊を置く。お前たちはわたしの民となり、わたしはお前たちの神となる。

旧約聖書のすべての出来事が、今日のこの日に向かっているのではないでしょうか。イエスに神様を見る。イエスによって示された新しい命に出発する。すべての人が新しいのちを味わう

イエスの姿のうちに愛がある。
愛は与えることです。
すべての人が喜んで生きることです。
隣人が生きることです。

隣人のために祈る。
隣人のために働く。

そこから神の国が始まります。
新しい命が始まります。

イエスは新しい命のうちに生きておられる。
イエスを賛美します。イエスをたたえます。

イエス様、ご復活おめでとうございます。


戻る